5 (0041〜0050)

保ビ研シートの検索ができます

S1H-0041【病気の確率と交通事故の確率】

病気の確率と交通事故の確率
<概要> 医療保障のニーズ喚起シート
「医療保障は自己負担額を考えた日額を準備してください」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 病気/交通事故/確率/入院/医療保障/健康保険/自己負担/差額ベッド料

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「毎日毎日、多くの人が病気や事故で治療をしているんだ。治療には健康保険を使っても、自分で負担しなければならない額も大きそうだ。ある程度は備えないと大変そうだ」という認識です。

元気な時には自分や家族が病気や事故に遭うことなど考えたくないものですが、実際の数字をみると、病気で通院している人が0.06秒に1人いて、新たに入院する人が2.3秒に1人、そして亡くなる人が33.8秒に1人もいるんですね。…急に身近に感じてしまいますね。今、こうして話している間にも、日本中では多くの人が病気や事故で治療をしているのですね。病気や事故は、いつ、誰に、突然降りかかってくるか分かりません。そう思うと、備えておきたいですね。医療保障の考え方ですが…、病気や事故で治療をすれば治療費がかかります。仕事を休んだり減らしたりすれば収入が減ります。支出が増えて収入が減るのですから、家計のバランスは崩れます。健康保険を使っても3割は自分で負担しなければなりません。また差額ベッド料や日用品などは健康保険の対象にならないので全額が自己負担です。家族の誰かが入院すると、本人だけでなく他の家族の生活も一変してしまいます。精神的、肉体的なダメージも受けます。そんなことを考えるとせめて経済的なダメージには対処したいですね。医療保障は、自己負担額をカバーできる日額を1つの目安として考えてみるのも良いと思います。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…私たちの身の回りには危険がいっぱいです!
2…病気やケガなどで入院すると出費がかさみます。
3…保険が適用されても3割は自己負担しなければなりません。その他にも差額ベッド代や、日用品などの費用がかかり、それらは全て全額自己負担となります。
4…「入院」すると、本人も家族も精神的・肉体的にダメージを受けます。そのうえ入院費という経済的な負担もかかります。
5…医療保障は自己負担額を考慮した日額を準備しておきましょう。

「病気の確率と交通事故の確率」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-42.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0041A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0041B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0041C

10,000円




S1H-0042【主な傷病の総患者数】

主な傷病の総患者数
<概要> 医療保障のニーズ喚起シート
「医療保障を充実させましょう」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 生活習慣病/総患者数/主な傷病/治療/医療保障/特約

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「生活習慣病の患者は本当に多いんだなぁ。自分の治療に使える特約の種類もいろいろあるようだけど、今入っている保障にはついているんだろうか…」という認識です。

男女ともに生活習慣病の患者さんは大勢います。普通の病気と生活習慣病の大きな違いは、「治療期間」と「治療費」にあるそうです。それでも、最近は医療技術の発達で、がんや脳血管疾患、心臓病などの生活習慣病でも、入院期間は短くなりました。しかし、退院後に何カ月も、場合によっては何年間も通院して治療の経過を観察するなど、通院期間は長くなりますし、重度の障害が残ることもあります。また、自宅での長期療養が必要なケースも多く、もとの生活(仕事)に復帰できないこともケースも多くあります。生活習慣病はほかの病気より完治までの「治療期間」が長いこと、そして障害が残ることも多いので元の仕事に復帰できないことも多いこと、そして、高度な医療技術を必要とするため「治療費」も高いことなどが特徴です。ですから、生活習慣病には、普通の病気以上の備えが必要だと言われています。そのためにいろいろな特約も出ています。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…ここに、「主な傷病の総患者数」が書かれたデータがあります。
2…男女共に「生活習慣病」と呼ばれる病気が多いようです。
3…日頃から「ストレスをためない」「食事に気を配る」「健康管理をする」などの予防が大切です。
4…そして、予防しきれなかったときのために医療保障を準備しておきましょう。
5…医療保障を充実しておけば、その時治療に専念できます。

「主な傷病の総患者数」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-43.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0042A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0042B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0042C

10,000円




S1H-0043【生活習慣病の年代別死亡者数】

生活習慣病の年代別死亡者数

<概要> 医療保障のニーズ喚起シート
「生活習慣病に対しては、年齢にかかわらず早いうちから備えましょう」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 生活習慣病/年代別死亡者数/死因/30代/40代/がん/脳卒中/心筋梗塞/保障

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「生活習慣病って、中高年の病気じゃないんだ。30代、40代でも無関係じゃないんだ。助からない人も多くて、助かっても障害が残る場合多い。治療期間も長くて、治療費も高い…。これは大変だな」という認識です。

「生活習慣病」は、以前は「成人病」と呼ばれていました。でも、年齢にかかわらず、生活習慣が原因でかかりやすいということから、名前が変更されたのです。実際30代、40代から急増していきます。特に、がん、脳卒中、心筋梗塞は「三大生活習慣病」といわれて、死亡原因の上位3位を占めています。「生活習慣病」は、いったんかかると治療期間も長くて、治っても障害が残って元の職場に戻れない、社会復帰できないケースも多いので、経済的な面でもまた大変です。家族の誰かが「生活習慣病」にかかると、その後の生活はガラリと変わってしまいます。精神的にも、肉体的にも大変になりますが、経済的な負担も重くのしかかります。治療費は高額のうえ治療期間も長いので、完治するまでの医療費は高額になり、長期間仕事を休めば収入も減りますから、家計は大変です。「生活習慣病」は若いうちからリスクがありますから、自分のためにも、家族のためにも、元気なときに保障を準備しておいてください。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…厚生労働省の資料によると、年代別の死因で「生活習慣病が占める割合」は年齢が上がるごとに増えています。
2…「まだまだ30代!」「まだまだ若い」なんて思っていませんか?
3…生活習慣病は年齢に関係なくこわい病気になってきています。
4…30代でも3人に1人が生活習慣病で亡くなっています。
5…保障の準備を若いうちからすることは、自分にとっても家族にとっても安心できることです。
6…生活習慣病に対する備えは早いうちから始めましょう

「生活習慣病の年代別死亡者数」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-44.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0043A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0043B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0043C

10,000円




S1H-0044【高齢者世帯の年次推移】

高齢者世帯の年次推移

<概要> 老後保障のニーズ喚起シート
「高齢者世帯が確実に増えています。老後保障をしっかり準備しましょう」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 高齢者世帯/高齢者の一人暮らし/老後/定年後の収入/養老保険/個人年金

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「老人だけの世帯が、ものすごく増えているなぁ。多分、これからも増えるだろうなぁ。自分たちはどうするのだろう…。子供と同居しないのなら、それなりの準備をしておかなければならないな」という認識です。

自分の親も「高齢者だけの2人暮らし」、または「高齢者の1人暮し」だと言う人も多いと思います。親を呼び寄せて一緒に住みたいと思ったとしても、住宅事情や経済事情が許さない。また、親の方も住み慣れた土地、住み慣れた家で暮らしたいと心から望んでいる。そういうケースが本当に多いので、このデータには皆さん頷かれます。そして皆さん「元気でいてくれるうちは良いのですが、体が弱ってきたら、病気になったら、ケガをしたら…と思うと心配で…。元気でいてくれることを祈っている」と言われますね。では、自分たちはどうしたいのか、どうなると思うのかと聞きますと、「多分、子供と一緒には暮らさない」という方が多いですね。いろいろな考えや思い、事情があるようですが、ひと言で言うと「子供に頼ることを前提にしたくない」ということだと思います。そうであるならば、それなりの準備が必要になります。その1つは経済的な準備です。それから高齢になったときの医療保障の準備も大切です。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…データを見ると、お年寄りだけの世帯が確実に増えています。
2…あなたは将来子供と一緒にお暮らしになるお考えですか?
3…今の、30代・40代の人たちからはこんな声が聞こえてきます。
4…「今の住宅事情では無理」「子供に気兼ねする生活はしたくない」など…
5…子供に頼らない人生を選ぶとしたら、それなりの準備が必要になります。
6…『養老保険』や『個人年金』で備えましょう。

「高齢者世帯の年次推移」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-45.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0044A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0044B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0044C

10,000円




S1H-0045【お葬式費用 大解剖】

お葬式費用 大解剖

<概要> 死亡保障のニーズ喚起シート
「自分の葬儀のこと考えたことがありますか? 自分らしい最期について前向きに考えて、終身保険をご活用ください」と訴求しています。
<対象者> すべての成人(特に中高年)
<キーワード> お葬式/自分の最期/葬儀費用/墓代/お布施/終身保険

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「今まであまり考えたことなかったけれど、普通の葬儀でも相当の費用がかかるんだなぁ。「死んだ後のことは知らない」という訳にはいかないなぁ…。そうか、葬儀にかかる費用を終身保険で準備しておけば、何才で死んでも家族は困らないということか…」という認識です。

最近では、「自分らしく、自分の望む最期を迎えたい」と考える人も多くなってきたそうですね。お葬式の生前予約も増えているようです。どんな葬儀にするのか、生きているうちに自分で決めて、費用も払っておくそうです。そこまでしなくても、自分の最期をどんな形で、いくらぐらいの費用でおさめたいのかを、ある程度決めて、それを家族にも言っておくと、残された家族も、その時になって迷ったり、もめたりすることがなくて、助かるかもしれませんね。それから…、葬儀をどんな形でするにしても、その費用は家族にとっては急を要する大きな出費に違いありませんから、葬儀費用は終身保険で準備しておくと、家族は助かります。終身保険なら何才で亡くなっても、約束した額が現金で確実に遺族に支払われますから。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…この頃、自分のお葬式の見積もりを取る人も増えているそうです。
2…自分らしい最期にするにも、それなりの費用がかかるようです。
3…葬儀の費用にもいろいろありますね。
4…葬儀以外にもお墓代やお布施の費用もかかります。
5…必要な分を「終身保険]にしておけば、何才で亡くなっても確実にその金額が支払われます。
6…どんなお葬儀にしたいですか。「終身保険」も一緒に準備すれば、自分の思いを家族に託すことができます。

「お葬式費用 大解剖」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-46.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0045A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0045B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0045C

10,000円




S1H-0046【年齢区分別 人口の推移】

年齢区分別 人口の推移

<概要>老後保障のニーズ喚起シート
「自分の老後は自分で守る『自助努力の時代』が来ます」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 人口の推移/生産年齢人口/老年人口/年金/所得の再分配方式/少子化/高齢化/自助努力

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「日本の人口が、こんなふうに変化しているのかぁ。若い世代が減っていって、高齢者が増えていく。よく耳にする話しだけど、年金のことを考えると、相当、深刻なことになりそうだ。やっぱり自分の老後は、自分でまもらなければだめだな」という認識です。

日本の国の年金制度の基本は、「所得の再分配方式」といわれて「今、働いている人」から年金の掛金を徴収して、「今の高齢者」に年金を給付するというものですから、『高齢化』で「老年人口」、つまり年金をもらう人の数が年々増えると、財政的に年々厳しくなっています。

また、「少子化」で年々、子供の人数が減っているということは、将来の「生産年齢人口」、つまり年金の掛金を掛ける人の数が年々減るということですから、国の年金制度の財政はますます厳しくなります。

国も本気で取り組んでいると思いますが、『少子・高齢化』は止まるどころか、さらにスピードをあげていますので、そのスピードに追いつけないだろう…ともいわれています。自分の老後は自分で守る『自助努力の時代』が来ていることは、確かだと思います。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…ご存知ですか?日本の「生産年齢人口」が減り始め、「老年人口」が急激に増えています。
2…日本の年金システムの基本は「所得の再分配方式」です。今働いている人達から集めたお金を、今年年金の必要な人達に配ります。
3…「少子化」で年金の掛金を払う人が少なくなってきています。「高齢化」で年金をもらう人はどんどん多くなっていきます。
4…つまり、年金制度の運営が年々難しくなっているということです。
5…あなたが65才になるのは何年後ですか?
6…自分の老後は自分で守る『自助努力の時代』が来ます!

「年齢区分別 人口の推移」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-47.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0046A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0046B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0046C

10,000円




S1H-0047【年齢別にみた通院患者】

年齢別にみた通院患者

<概要>医療保障のニーズ喚起シート
「年を増すごとに医療保障が大切になってきます」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 年齢別/通院/50代以上/医療保障/慢性病/治療費

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「年齢が上がれば、こんなにも通院する確率が増えるんだ。50代以上にもなると、かなり多くなる…。年をとったときの医療保障は本当に必要だなぁ」という認識です。

病気やケガは、若くて元気な時にはあまり気になりませんが、人は年とともに体も弱くなり、それに応じて病気になったり、ケガをしたりする確率が増えます。長年の無理や疲れ、不摂生もたまっていきます。また、内蔵も弱くなれば、骨や筋肉も弱くなります。風邪を引いただけで肺炎になるなんて、若い人では聞くことがありませんが、高齢者ではよくあることです。事故に遭う確率も当然増えます。視力も落ち、視野も狭くなり、反射神経も鈍り、筋肉も衰えるのですから、当然と言えば当然ですね。その上、骨の密度が薄くなればちょっとのことでも骨折になります。これが「骨粗鬆症」です…。そして、骨の密度が薄いということは、「くっつきにくい」ということでもありますから、治るまでに時間がかかるということです。このように、年を重ねるごとに、病気や事故の確率は増え、治療期間は長くなります。医療保障の必要性が高くなります。病院の待合室を覗いてそこにいる人の年代を見れば、実際の必要性がすぐ分かりますね。「医療保障は健康でないと加入できない」というのが原則ですから、若くて元気なうちに、高齢になったときのことも考えて加入しておくことをお勧めしたいですね。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…ここに「年齢別にみた通院患者率」のデータがあります。
2…実際にこんなに多くの人が通院しています。
3…50才代から通院率がぐんぐんあがっています。
4…65才からは2人に1人、75才からは3人に2人が通院しています。
5…通院患者だけでなく、この他にも入院されている方もいるのです。
6…当然ですが、年を増すごとに医療保障が大切になってきます。

「年齢別にみた通院患者」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-48.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0047A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0047B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0047C

10,000円




S1H-0048【高齢者世帯の収支】

高齢者世帯の収支

<概要> 老後保障のニーズ喚起シート
「これからは自助努力の時代です。自分の老後のことを考えましょう」と訴求しています。
<対象者> すべての成人
<キーワード> 高齢者世帯/収支/老後の生活費/貯蓄/退職金/公的年金/収入

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「今の高齢者は貯蓄もたくさんあって、年金や恩給も多くて、それで充分暮らしていけているようだ。自分の老後はどうだろう…。貯金や年金(恩給)などの老後の収入は今の高齢者より確実に少なくなるだろう。自分の老後のこと、そろそろ考え始めないとなぁ」という認識です。

高齢になっても、生活費はどうしてもある程度はかかります。では、その生活費を支える収入は…と見てみますと、収入の7割以上は「公的年金」のようです。それから、貯蓄の平均も…、意外に多いと感じますね。実は、今の高齢者は、日本の国の高度成長とともに生きてきましたので、その中で貯蓄もできましたし、退職金もある程度もらえて、そして国の年金もある程度もらえてますので、健康でいればある程度「ゆとりのある生活ができる」と言われています。でも、これから老後を迎える人は…と言うと事情は違って、かなり厳しくなると言えます。まず、職場の雇用形態も変わってきています。正社員が減り、契約社員や派遣社員が増えています。そうなると賃金や退職金に差が出ます。また、正社員であっても、年令とともに給料が上がる「年功序列型」の給与体系が減って、能力主義や成果報酬、年俸制などという賃金体系になって、退職金制度そのものを廃止する企業も増えています。そして、頼りの「国の年金」ですが、こちらも5年ごとの制度改正のたびに、受取り条件が厳しくなっています。受取額も減っていっています。今の高齢者の生活を支えている「国の年金」と「退職金」、この2つともが、これから老後を迎える人はあまり期待できない…ということです。国も職場もこれまでのように頼りにはできません。だから、「自助努力」という言葉が、このごろ頻繁に聞かれるのですね。本当にこれからの時代は「自助努力」が必要なのだと、つくづく思います。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…ここに、「高齢者世帯の収支」と「貯蓄現在高」そして「高齢者世帯の所得」のデータがあります。
2…仕事をしている夫婦2人の年収が約670万円。貯蓄は2000万円以上あります。現役世代から見てうらやましいとも感じます。
3…また、所得の中身を見ますと公的年金や恩給が約209万円で、所得の7割以上を占めています。
4…20年後、30年後に高齢者となる私たちも同様の収支を期待できるでしょうか。
5…公的年金制度は5年ごとに改正され、そのたびに条件が悪くなっています。
6…やはり、これからは「自助努力」の時代です。自分の老後のことを考えましょう。

「高齢者世帯の収支」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-49.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0048A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0048B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0048C

10,000円




S1H-0049【独身者には保障が必要(若年層の未婚率)】

独身者には保障が必要(若年層の未婚率)
<概要> 保障のニーズ喚起シート
「独身者、特に一人っ子の独身者には保障が必要です」と訴求しています。
<対象者> 独身者(特に一人っ子の独身者)
<キーワード> 若年層の未婚率/独身者の保障/親の老後/自分の就業不能/自分の老後

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「独身で家族がいなかったら保障は必要ないと思っていたけど、必要な保障もあるんだな」という認識です。

独身者は新しい家族(配偶者や子供)を作らないということですので、家族は親や自分のきょうだいになります。きょうだいがいなければ(一人っ子なら)家族は親だけになります。一生の間にはいろいろなことがあります。何かがあった場合には、身内に頼ることも出てくると思いますが、親が元気で収入があるうちは親に頼ることもできますが、親が高齢になり収入や貯金も少なくなれば状況は一変します。逆に、親の介護が1人の肩にのしかかかってきます。
独身者は、結婚費用や子供の養育費などの出費がありませんので、使えるお金(可処分所得)は多くなりますが、今、使えるから使ってしまうのではなく、「何かあった時には自分しかいないんだ」ということを分かって、保障の充実に充てることを真剣に検討して欲しいと思います。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…今、若年層の未婚率がとても増えているそうです。
2…「独身者には保障は必要ない」と言われますが、一人っ子の独身者には保障が必要です。
3…親の老後と介護費用の保障が必要です。
4…自分が身体障害状態になって仕事ができなくなった時の保障が必要です。
5…自分の老後費用や介護費用の保障が必要です。

「独身者には保障が必要(若年層の未婚率)」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-50.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0049A

無料 

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0049B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0049C

10,000円




S1H-0050【高齢者の家庭内事故

高齢者の家庭内事故
<概要> 医療保障のニーズ喚起シート
「“老い”は誰にでも訪れるものです。健康増進とともに、一生涯の医療保障も忘れずに準備しましょう。」と訴求しています。
<対象者> 中高年の人
<キーワード> 高齢者/家庭内事故/高齢社会/一生涯の医療保障

<使用上のポイント>
このシートで、最も掘り起こしたいお客様の気持ち(潜在ニーズ)は、「年をとるということは身体の機能も低下するということだから、高齢時の医療保障は本当に必要だな」という認識です。

ここに掲載されているデータは、家庭内の事故ですから、大きな事故ではありません。ちょっとカーペットのはじにまずいた、ちょっと階段を踏み外した、ペットが足にじゃれて踏まないようにしたら転んでしまった、話しながら食べていたら食べ物がのどにつかえた…、そんなちょっとしたことです。そのちょっとしたことが、入院するような大きなケガにまでなってしまうのです。
ちょっとつまづくのも身体機能が鈍ってきたから、ちょっとつまずいただけで骨折してしまうのも骨や間接が弱ってきたから、そして、治療してもなかなか治らないのも身体機能が低下してきたからです。高齢になった時には、日常生活の中にも危険がいっぱいになるのです。誰にでも訪れる「老い」です。対策として、まずは「健康増進」、そして、並行して「治療費の確保」が大切だと思います。
…などということを訴求すると効果的だと思います。

<トークの流れ> ※「保ビ研シート」は基本的に上から順に読んでいけばセールストークになるように作られています。トークの練習用台本としてもお使い下さい。
1…これからの日本は高齢社会です。高齢者が増え、一人暮らしの高齢者の割合も増えていきます。
2…高齢者は家庭内での事故が多く、ちょっとしたことが大事(おおごと)になってしまいます。
3…家庭内事故で搬送された人の中で、65才以上の人が全体の約半数を占めています。家庭内での事故による死亡者は、65才以上の人が全体の6割以上にもなっています。
4…人は年齢とともに、生理的にも身体的にも機能が低下してきます。
5…本人も家族も若い時のつもりで「たいしたことはない」と思いがちですが、実際には家庭内のちょっとした事故が大きなケガにつながってしまうのです。
6…「老い」は誰にでも訪れるものです。健康増進とともに、一生涯の医療保障も忘れずに準備しましょう。

「高齢者の家庭内事故」のユーザーの声を見る
商品番号
(コピー&貼付け)
金 額
※「使用権A」については下記より無料でダウンロードできます
→http://hobiken8.blog10.fc2.com/blog-entry-51.html

●使用権とは ●申込み方法 ●お問い合わせ
※シート下段の2つの枠の使い方は、こちらをご覧下さい。
使用権A(1~9人で使用)

S1H-0050A

200円

使用権B(10~99人で使用)

S1H-0050B

2,000円

使用権C(100人以上で使用)

S1H-0050C

10,000円





トップページへサイトマップお問い合わせ商品の購入方法著作権・使用権研修の空き日程
保ビ研メール保ビ研レポート保ビ研シート保ビ研エッセイ保ビ研著作物公認Producer

保険セールスの現場(提案、採用、マネジメント、組織拡大)を支援するサイト。
現場で役立つ手法(スキル)や話法(トーク)を紹介しています。

生命保険セールスの支援サイト【保ビ研WEB】は保険ビジネス研究所が運営しています。